橋本・大川合同法律事務所 HASHIMOTOOKAWA LAW OFFICE

確かな経営と、安心な生活を

ご挨拶

 当事務所は、昭和47年の設立以来、北海道において企業法務を主として取り扱う法律事務所の草分け的存在として、数多くの法的問題を解決してきました。

 当事務所の取り扱い業務は、一般的な訴訟事件はもちろんのこと、企業再生・事業再生・倒産処理・M&A・コンプライアンス・知的財産・労働問題・債権回収・不動産取引など、企業の経済活動に関する様々な分野に及びます。特に、M&A、M&A手法を用いた事業再生、中小企業の事業承継問題(後継者不在等)には積極的に取り組んでおり、数々の実績を上げています。さらに、日常的な契約書の作成やチェック等、紛争を未然に防ぐための法務(予防法務)にも傾注し、日々多くのご相談を頂いております。

 当事務所の関与先は、地元に密着した中小企業から上場企業までと幅広く、その事業分野も、金融業、製造業、小売業、卸売業、運送業、流通業、建設業、不動産販売業、不動産管理業、IT業、食品業、病院、介護施設、社会福祉法人、地方公共団体など、広範囲に及んでいます。

 また、企業再生や倒産処理について、当事務所代表弁護士の橋本昭夫は、平成15年から22年にかけて、北海道中小企業再生支援協議会の初代プロジェクトマネージャーとして、同協議会を立ち上げて多数の道内中小企業の事業再生に携わり、北海道経済の活性化に尽力してきました。

 さらに、個人の方々の金銭トラブル、相続・家事事件、交通事故、消費者被害事件、刑事事件、少年事件等、多様な案件に広く取り組んでいます。そして、「法曹三者のなかで弁護士が市民の方々の最も近くに位置する」という自覚のもと、各弁護士が数々の公益活動に積極的に参画しているのも、当事務所の大きな特徴のひとつです。

 近年、社会を取り巻く環境は目まぐるしい変化を続けており、日々新たな法律問題が発生しております。当事務所は、多様なクライアントの皆様方からのご相談や事件の解決を通じて、豊富なノウハウを蓄積し、研鑽を重ねてきました。かかる経験や実績を基盤として、皆様に最高のリーガルサービスをご提供し続けます。

橋本・大川合同法律事務所 一同